新しい部屋に移ったらそこの住宅がフレッツ光だけしか利用できませんでした

住み替えをしたら、住み替えた先の住宅がフレッツ光しか利用できませんでした。
昔から使っていた通信会社を一新することなく行使したかったのですが、他に選択の余地がなく、使用することにしました。
月に一度のことなので以前の倍の値段の負担が辛いです。
我が家は、くしくもwimaxのエリア外です。
wimaxは外出先でも使用できるし、動画を画面に出すにも不都合なく操作できる速度なので、希望するなら申し込みたいのです。
転居する予定はないため、今後、エリアが拡大してくれることを心から願っています。
フレッツwi-fiが接続できない場合は、いったんすべての機器の電源をリセットして最初から接続をもう一度してみると良いかもしれません。
それをしても接続できない時には初期設定を丁寧に見直してみます。
顧客サービスに電話してみれば親切に説明してくれますが、電話があまり繋がらないのが悩みです。
どこの回線にしようか困った時には、おすすめサイトを参照すると良いのではないでしょうか。
多々の光回線を扱っている会社を検討してくれているので、その中から自分の環境にあうものを精選すればいいのではないでしょうか。
お得な宣伝情報も知ることができます。
現在使っている携帯の2年縛りの契約が終了したら、次をどうするか考えています。
この間、ワイモバイルという存在を知りネットで調べていますが、下取りキャンペーンというのがあることを、知ったのです。
下取りの料金、価格がとても気になります。
値段によれば、下取りに出してもいいと思います。
ワイモバイルに乗り換えたなら、今の携帯料金に比べて結構安くなるとの宣伝を見かけます。
が、本当に安くなるとは断定できません。
さらに、パケ放題のプランがなく、最大でも7GBまでの制限が他社と同様にあっておよそ6千円かかりますので、お得感を感じないこともあります。
超お手ごろな料金でスマホが昨年から注目されていますが、3大大手以外の通信ブランドでそれがワイモバイルです。
価格はお手頃な様ですが、どれだけのエリアがあるのか、使用に支障はないかといった心もとなくもあり、契約時にはあまり気にならなかったという印象です。
次回のネット環境として、ワイモバイルを候補として入れています。
どうせなら得したいので、どんなキャンペーンをしているのか確認しました。
大まかに目を通したところ、他社から乗り換えればキャッシュバックという制度が存在しました。
適用の条件などを確認して、慎重に検討したいと思います。