消費者金融の規制緩和の内容とは?

一時期、自民党が選挙公約で掲げていた消費者金融の規制緩和案があったのですが、いったん撤回されたものとされていたものが、最近ではまた考え直されているというような話があるそうです。
その内容とは、有料の消費者金融には金利上限を20%から29.2%に金利を引き上げようとする話があります。
また、総量規制についても現在貸金業法で制限している部分について撤廃しようというような規制緩和案が出されているそうです。
ですが、いったんできた法律の規制の基準をまた元に戻そうという流れに持っていくのはなかなか難しい話であり、総量規制の部分についてはまだ変更の余地はあるそうなのですが、再び法制度で金利の引き上げをするのは難しいのではないかと思われます。
銀行カードローンは総量規制の対象外