ニキビケアには正しい方法で洗顔するのも大切なポイント?

ニキビケアの基本というと、やっぱり洗顔をしっかりとするというのが、一般的に一番よく知られていることですよね。
ただ、たまに間違った洗顔方法で顔を洗っている人がいて、せっかく洗顔をしていても、ニキビを治すどころか悪化させてしまうこともあるようです。
逆にいうと、間違った洗顔方法で洗うのであれば、洗わない方がましな時もあるほど、洗顔方法というのはとても大事なもの。
まず回数ですが、洗えば洗うほど良いというものではなく、1日2回、朝と寝る前に洗うといいでしょう。
洗いすぎてしまうと、かえってお肌を守ってくれる皮脂をすべて流してしまうので、乾燥肌になったり、もっとトラブルが増えてしまいます。
一番皮脂分泌量が多いTゾーンから洗い始めて、次にあごのラインなどのUゾーン、最後にほほや目の周りを丁寧に洗います。
人気のニキビケア用品オルビス「クリアシリーズ」とは?